KOTION EACH G9000のレビューや評価!ゲーミングヘッドホン初心者にはおすすめ!

先日ゲーミングヘッドホンのKOTION EACH G9000というものを購入したので、そのレビュー(使用感)と評価を紹介しています。

そして、このゲーミングヘッドホンがどういった方へおすすめで、どういった方へはおすすめ出来ないなども書いているので、その点も購入検討の参考にされてみてください。

また買った後に知ったのですが、このヘッドホン…製造元?(どこで作られるか?)でアタリハズレが”かなり”激しいゲーミングヘッドホンみたいです…。

よくある質問まとめ
Q.製造元は?
A.中国です!(中国製品です)

Q.このヘッドホンは7.1バーチャルサラウンドですか?
A.商品表示に「7.1」という表記がないので7.1バーチャルサラウンドではないと思います。ただ、左右の音の感覚は分かります。
スポンサーリンク

KOTION EACH G9000のレビューや評価

KOTION EACH G9000はAmazonでも売られているんですが、私は楽天で購入しました!

注文してから約2日で届き、届いた時の状態が上記画像の状態です。

PS4のコントローラーと比べるとこんな感じです!

この状態でも重量は非常に軽かったです。

開封時がこんな感じです!

ちゃんとKOTION EACH G9000という箱に入っていました。

ここで先ほどのアタリハズレの話になりますが、ハズレだと箱の中にゲーミングヘッドホンがそのまま見える形で梱包されている場合もあるようです。

裏側はこんな感じです。

8か国の言語でこのゲーミングヘッドホンのステータスが書いてありました。

この点はとても親切ですね!

またこれほど多くの言語で書かれているということは、世界規模で多くのユーザーから購入されているのかなと思いました。

  • ラッパサイズ:40mm
  • 抵抗:22Ω±15%
  • 感度:105±3dB
  • 頻度範囲:15Hz-20KHz
  • マイクロフォン:6.0×5.0mm
  • マイクロフォンの感度:-38±3dB
  • マイクロフォンの抵抗:2.2K Ω
  • 方向性:全指向
  • 線の長さ:2.1M±0.15
  • LED作業電圧:DC5V±5%
  • 作業電流:≤100mA
  • イヤホンのインターフェース:USB+3.5MM+4Pin

KOTION EACH G9000の箱に入っていたものはこんな感じでです!

  • KOTION EACH G9000
  • PCで使用する際の変換ケーブル
  • 説明書

説明書も8か国の言語でそれぞれ書かれていて、親切さを感じました!

ただ、全部で23ページ程しかないので詳細な説明は書かれていない印象です。

ここでもアタリハズレがあるようで、人によっては変換ケーブルが付属していないケースもあるようです。

使用目的がPS4やスマホなら問題ないですが、PCでゲームをするために購入した人は萎えるでしょうね。

購入前に楽天のレビューは見ていたんですが、数分見た限りでは「変換ケーブルが入ってない!」と言ったコメントは見受けられませんでした。

しかし、購入後にみたAmazonのレビューには「変換ケーブルが入っていなかった」といったコメントが多数あるのですが、これはどういう違いなんでしょうか。

通販会社によってアタリハズレがあるようには思えませんが…。

先ほども言いましたが、音声出力とマイク入力が分かれているPCでこのヘッドホンを使用する場合は、この変換ケーブルを使用することで利用できます。

PCでもPS4でも使用出来るので、ゲーミングヘッドホンとして幅広く使えます!

ゲームの音量調節やマイクのミュート機能なども行えます。

言い方は悪いですが、安価なだけあって作りは安っぽいです。

またここでもアタリハズレがあるらしく、ミュート機能を使ったらゲーム音が消えたというレビューもありました。

嘘か本当かは分かりませんが、そんな商品あるのかと驚くばかりです…。

ちなみに私のもので試してみたところ、そんなことはなく、音量調節もミュート機能も問題なく使用できました!

KOTION EACH G9000を光らせてみた

KOTION EACH G9000を光らせるにはUSBケーブルを挿して給電する必要があります。

Amazonや楽天の商品イメージだと、このヘッドホンは光っていてとてもカッコよく見えますよね。

なので、”かっこよさ”だけで購入を検討している方もおられるかな?と思い、明るい場所と暗い場所でKOTION EACH G9000を光らせてみました!

LEDライトらしいので、別に安っぽい光だとは思えませんでした。

ただ、ヘッドホンについているUSBケーブルは”光らせるためだけ”に付いているので、見た目に拘らない人には邪魔で仕方ないかもしれませんね。笑

ちなみに周りはプラスチックで出来ていて、装着時の調整も伸縮式のスライダーがあるので、自分好みにフィットしやすくなっています。

頭頂部が当たるヘッドセットの部分や、耳が当たるヘッドパッドの部分はやわらかいクッションのような素材で出来ているので、痛くなるようなことはありませんでした!

KOTION EACH G9000は誰におすすめか?

まずKOTION EACH G9000の購入に向いていない人から述べていきましょう!

こんな人には向いていない
 icon-chevron-circle-right ガチでFPS(足音が重要なゲーム)をプレイしている人
 icon-chevron-circle-right 商品のアタリハズレがあるものに抵抗がある人

実際にフォートナイトやBF1などでこのヘッドホンを使用してみましたが、足音や物音から超正確な位置を特定することは難しかったです。

なので、PUBGやフォートナイトなど足音が超重要になるゲームを”ガチ”でプレイしている人には、このヘッドホンはおすすめ出来ませんね。

あと実際はどうなのかは分かりませんが、KOTION EACH G9000は安価なだけあり、商品到着後のアタリハズレが激しいようなので、そういったトラブルが怖い場合も購入は控えた方がいいように思います。

ゲーミングヘッドホン初心者にはかなりおすすめ!

「とりあえず、安いものでゲーミングヘッドホンを試してみたい!」という方にはおすすめです!

ここまで悪い点も多々挙げてきましたが、ヘッドホンとしての機能は十分に果たしていますし、3000円以下でこのクオリティーなら個人的に文句なしです!

しかもPS4、PC、スマホで使えるので使用用途が幅広い点もいいと思います。

ゲーム実況の入門としてもおすすめ?

実は私が購入した理由はこれなんです…笑

「近々ゲーム実況始めたいけど、とりあえず安いマイク付きのヘッドホン買ってやってみるか~」で行きついた先がKOTION EACH G9000でした!

(まだゲーム実況動画は上げていませんが)ゲーム実況を始めるきっかけにこのヘッドホンを購入してみるのもいいかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。