PS4Proと新型グレイシャーホワイトの性能を比較してみた

どうも!とろふぃーです!

ソニーから新型プレイステーション4(CUH-2000シリーズ)グレイシャーホワイト色の発売発表がありましたね!←グレイシャーホワイトって響きかっこいいw

てか、あんまりPS4に詳しくない人だと『CUH-2000シリーズって何?美味しいの?』ってちょっと分かりにくいですよね。ぶっちゃけ『PS4Slimのホワイトカラー』という認識でオッケーです!

でも、ただ色だけを変えて発売なんて……するわけないじゃないですか!ってとろふぃーは思ったので、まずはPS4最高性能のPS4Proと性能の比較をしてみました!その後、同シリーズのPS4Slimとも比較してみたので、その全貌をご覧ください。

スポンサーリンク

PS4Proと新型グレイシャーホワイトを比較

メイン性能の部分と、その他の部分で分けて比較していきます!

メイン性能の比較

PS4 Pro PS4 新型グレイシャーホワイト
メインプロセッサーSingle-chip custom processor メインプロセッサー:Single-chip custom processor
CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores CPU:x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU : 4.20 TFLOPS, AMD Radeon™ based graphics engine GPU:1.84 TFLOPS, AMD Radeon™ based graphics engine
メモリ:GDDR5 8GB メモリ:GDDR5 8GB
AV出力:HDMI®出力端子(4K/HDR出力対応)光デジタル出力端子 AV出力:HDMI出力端子(HDR出力対応)
やはりPS4Proの性能までとは、いかないようです…。4Kへの対応もしていないので、4K目的ならPS4Pro一択ですね!

その他の比較

 PS4 Pro PS4 新型グレイシャーホワイト
外形寸法:約295㎜×55㎜×327㎜(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず) 外形寸法:約265㎜×39㎜×288 ㎜(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)
 質量:約 3.3kg 質量:2.1kg
 光学ドライブ(読み出し専用)BD 6倍速CAV DVD 8倍速CAV 光学ドライブ(読み出し専用)BD 6倍速CAV DVD 8倍速CAV
 入出力:Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1) ポート×3AUXポート×1 入出力:Super-Speed USB(USB 3.1 Gen1)ポート×2AUXポート×1
 通信:Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)IEEE 802.11 a/b/g/n/acBluetooth® 4.0(LE) 通信:Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)×1IEEE 802.11 a/b/g/n/acBluetooth v4.0(LE)
 電源:AC 100V, 50/60Hz 電源:AC 100, 50/60Hz
 消費電力:最大310W 消費電力:最大165W
 動作環境温度:5℃ – 35℃ 動作環境温度:5℃ – 35℃
重量やコンパクトさでは、新型グレイシャーホワイトが勝ってますね。ただ、PS4slimの新色ってだけで、USBポートは変わらず2つのまま…。PSVRで遊んだりするなら、PS4Proの方が良いかもしれません!

スポンサーリンク

ただのSlim版ホワイトだった

PS4Slimのジェットブラックとも見比べてみましたが、性能は全て同じでした。結局本当にPS4Slimのホワイト色で終わってしまった…。少しでも何か変化を足して発売してくるかと期待していましたが…残念ですw

ただPS4Slimの購入を考えていた人にとっては転機でしょう!今までジェットブラックしかなかったところを、グレイシャーホワイトとの2択を選べますからね!カラー色でどっちにしよう?って悩める楽しさもあると思います!

まとめ

PS4ProやPS4Slimと性能比較した結果…新型プレイステーション4(CUH-2000シリーズ)グレイシャーホワイトはただのPS4Slimホワイトカラー版だった

うーむ…正直USBポートを3つ付けるなどの変化だけでも欲しかった!けど、新色が出ただけでも、カラーで悩める楽しみが出来て良かったのかな!


PS4ユーザー必見!


スポンサーリンク