【モバレジェ】ジャングルについて徹底攻略

この記事は、モバイルレジェンド(モバレジェ)のジャングルについての内容です。

ジャングルの立ち回りやロード、タートルを倒すタイミングなど書いています。

ランキングエピックやレジェンドで通用する情報も記載しているので、ジャングルでの知識をしっかりと身につけましょう!

スポンサーリンク

経験値とお金の仕様について

ジャングルについて知る前に、頭に入れておいてほしいことがあります。

ミニオンやモンスターを倒すと、経験値とお金を獲得できますが、自分の攻撃で止めを刺して倒した場合は、少し多めにお金を獲得できます

また付近に複数のヒーローがいる場合、その味方ヒーローも経験値やお金を受け取ることができます。※止めを刺したヒーローほどのお金を受けとることは出来ません。

バフは止めを刺したプレイヤーのみが受け取れる

さきほど、ミニオンやモンスターに止めを刺したプレイヤーがより多くのお金を獲得できるとお話ししました。

ジャングルにいるモンスターの中には、倒すとバフ(ヒーローを強化する力)が手に入るモンスターも存在します。

そういったバフ持ちモンスターは止めを刺したプレイヤーのみがバフを受け取れる仕様になっています。

なので、仮に複数のヒーローでそういったモンスターを狩っている場合に、自分にはそのバフが必要ない、または他のヒーローが「buff plz」などと発言していたら、倒しそうになる前に攻撃をやめて棒立ちしておきましょう!

バフを誰が持っているか確認する方法
バフを持っているプレイヤーは、キャラクターの足元に紫色のアイコンか赤色のアイコンが表示されています。それで判断しましょう。また敵ヒーローのバフもその方法で確認することが出来ます。

ジャングルって何?

ここからジャングルについて話していきます。

ジャングルとは、大雑把に言えばルートとルートの間にあるエリアのことを言います。

ジャングルに生息しているモンスターを狩ることで経験値、お金、バフなどを得ることができ、これらを活用していくことが非常に重要になってきます。

ジャングルチュートリアルを受けよう!

モンスターの種類、配置などはジャングルチュートリアルを受けて理解するのがオススメです!

配置を完全に網羅するならカスタムモードでゆっくり見て回る方がいいかもしれませんが…。

※ロードとタートルの位置は、陣営によって配置が逆になることもあります!

ジャングルチュートリアルの受け方
ホーム画面の『戦闘準備』→『チュートリアル』→『ジャングルチュートリアル』で受けれます。初回のみ5000バトルPTが獲得できるので、受けておいて損はない!

ジャングルのモンスターを狩る前に知っておきたいこと

ジャングルのモンスターは味方全員が狩る必要はありません。

一部のヒーローのみが率先して狩ればOKです。

ただ、野良(一人で遊んでいる場合)では各ルートで全員がモンスターを狩ることが多い

ランキングモードや身内とパーティーを組んで戦う場合は、事前に誰がジャングルを担当するか決めるといった感じ。

モンスターを狩るべきヒーロー(重要度)
ヒーローの種類重要度
タンク低い
ファイター高い
アサシン高い
メイジ低い
ハンター必須
サポート低い

ミドルルートでハンターを運用する場合は、必ずモンスターを狩らなければいけません。

ハンター以外だと、移動スピードが速くてダメージの出せるヒーローがジャングルに向いています。

モンスターを狩るために必要な装備やバトルスキル

ジャングルを担当する場合は、バトルスキルで『ハント』を選択したり、バトル開始時に『ハンターナイフ』という装備を購入します。

装備購入の仕方
画面右上の所持金が表示されている場所をタップ→『ジャングル』をタップ→『ハンターナイフ(250)』を購入する。

文章じゃよく分からない!という方は、さきほど言った『ジャングルチュートリアル』を受けてみるのが一番分かりやすいと思います。

任意で装備を購入する方法を知っておけば、モンスターを狩る場合だけでなく、相手チームのヒーロー次第で臨機応変に装備変更出来たりもするので便利です!

バトル開始時のモンスターの狩り順(立ち回り)

トップルートの立ち回り

  1. バトル開始時にスパイダーの湧く位置で待機し、湧いたら狩る。
  2. スパイダーを狩ったら上に移動し、通常のモンスターを狩る。
  3. 通常のモンスターを狩ったらミニオンを倒す。

アンダールートの立ち回り

  1. バトル開始時に死神の湧く位置で待機し、湧いたら狩る。
  2. 死神を狩ったら右へ移動し、通常のモンスターを狩る。
  3. 通常のモンスターを狩ったらミニオンを倒す。

トップもアンダールートも基本はこういう流れですが、例外もあります。

例えば、タンクとヒーラーのような組み合わせでトップルートを担当する場合、火力がないのでモンスターを倒すのに手こずってしまい、初動でミニオンの経験値を獲得できないことがあります。

こういった場合は、先にミニオンを倒してからモンスターを倒しに行くようにします。(ミニオンの経験値の方が重要です)

あとモンスターを倒すと一定時間湧きません。

湧き直すまでは、ミニオンを狩り続けたり、相手のモンスターを横取りしに行ったりと色々な立ち回りがあります。

基本はミニオン倒しながら、湧き待ちする感じです!

ミドルルートのヒーローが「BUFFを手に入れる」や『青または赤ください(blue plzやred plz)』などと言っていたら、トップやアンダールートの人はバフモンスターだけは狩らずにスルーしておく!
青バフ=スパイダーのバフのこと。赤バフ=死神のバフのこと。

ミドルルートの立ち回り

  1. ミニオンを倒す
  2. 右下の通常モンスターを狩る
  3. ミニオンを倒す
  4. 左下の通常モンスターを狩る

最初のミニオンを倒した後に、もしトップかアンダールートでバフモンスターを倒している最中なら、向かうのもいい。(間に合いそうなら行く)

逆にトップやアンダールートのヒーローがバフを欲しがっている場合もあり、そういう時は止めを刺さずに経験値とお金だけを頂くようにする。

ミドルルートも基本的にこの順番を繰り返しながら、ヒーローを育成していく。

そして装備がある程度揃ったら(ブラッドクロウが完成したら)タートルを狩りに向かう。

もしブラッドクロウがないのなら、集合をかけてタートルに近いルートのヒーローに助けてもらう。

またトップかアンダールートのヒーローがタートルを狩り始めていたら、出来るだけ向かうように心がけましょう!(とくに序盤は)

スポンサーリンク

敵チームにモンスターを横取りされないようにするテクニック

上級者になると、バトル開始と同時にこちら側のバフモンスターを横取りしていくプレイヤーもいます。

そういった横取りを阻止するためのテクニックを紹介します。

草むらの中まで引っ張って狩る

モンスターの攻撃が近接タイプなら、ヒーローの近くまで寄ってきて攻撃をします。

この習性を利用し、草むらまでモンスターを移動させ、自分もモンスターも草むらに隠れた状態で狩ります。

こうすることで、敵からは自分もモンスターの位置も分からず、モンスターのHPがどれほど削れているかも分からないので判断を鈍らせることが出来ます。

しかし、草むらに隠れていれば姿は見えませんが、戦闘をしている音(攻撃音や被弾音)は敵にも聞こえているので、もし大勢でバフを狙ってきている場合は横取りどころか自分たちも倒されてしまうので、そんな場面では「諦めて逃げる!!」など判断力が大切になってくることもあります。

タートルを倒すタイミングや効果について

序盤のタートルは、ハンターやジャングルを担当しているヒーローが積極的に倒しに行きます。

また序盤のタートルは、ハンター1人でも倒すのに時間がかかるので、タートルに近いルートのヒーローが支援に向かうのも大切です。

タートルを倒すことで、味方ヒーロー全員に経験値とお金が与えられます。

ロードを倒すタイミングや効果について

ロードは、全員のヒーローレベルや装備がある程度揃うまでは放置しておいてオッケーです。(攻撃力やHPが高いので)

そして、ロードを倒す際には複数の味方と倒すのが基本です。(ハンターは必ず支援に行くようにしましょう!)

あと、タンクがロードからのダメージを受けてあげることも重要です。

タンクが行うべきテクニック
モンスターは一番近いヒーローを優先して攻撃します。タンクを操作している場合は、モンスターと一体化するくらい密接して自分がダメージを受けるようにしましょう。

ロードを倒すタイミング

  1. 相手のハンターがダウンしている
  2. 相手のヒーローが複数ダウンしている(復帰まで長い)
  3. 味方ミニオンが敵の前線まで押している

これらの条件が複数被っていたら、ロードを倒す絶好のタイミングです。

ロードの効果

ロードを倒すと、経験値やお金を獲得できるだけでなく、ミニオンのように味方となって一緒に戦ってくれます。

この際、ロードと同じタイミングで湧いたミニオンは一回り強化されたミニオンになっています。(攻撃力もHPも高い)

まとめ

ジャングルのモンスターを狩ることは重要ですが、ミニオンの経験値を犠牲にしてまで狩りに行くことは止めましょう!

タートルやロードを攻撃する際は、ハンターやタンクが支援に行くことで狩りやすくなります。

マップの構造やモンスターの配置はアップデートで変わる可能性があるので、変更があったらその都度カスタムモードでお散歩してみるといいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。